全身脱毛の部位はどこまでか?

脱毛サロンによって範囲はさまざま

全身脱毛のメニューを契約したとしても、文字通り全身のすべての箇所を脱毛できるとは限りません。脱毛サロンによって、施術範囲が異なるからです。そのため、全身脱毛を契約する前には、その脱毛サロンがどの程度の範囲をカバーしているのか、しっかりと確認する必要があります。一般的なサロンでは、両腕や両脚の基本的な部位のほか、背中やお腹、胸などの範囲の広い部位、さらにはVラインや両ワキ、襟足などが全身脱毛の施術対象となっているようです。サロンによって大きく違いが見られるのは、顔とデリケートゾーンを含むかどうかでしょう。顔は全身脱毛の対象外となっているサロンも多いですし、デリケートゾーンに関しては、IラインやOラインまで施術するか否かがサロンによってわかれます。

脱毛部位の数字に注意!

たいていの脱毛サロンでは、「脱毛部位は20ヵ所です」「全身50ヵ所を脱毛できます」というように「〇〇ヵ所」と数字で表現します。この数字が大きければ大きいほど、脱毛できる範囲が広いように感じられるかもしれませんが、惑わされてはいけません。脱毛部位の数え方が、各脱毛サロンによって異なるからです。背中を例にあげると、背中全体を1部位と捉えて1ヵ所と数えるところもあれば、大きく上下にわけて2ヵ所と数えるところもあります。さらには、背中の上部を左右にわけて、同様に下部も左右にわけて、合計で4ヵ所と数えるところもあるようです。全身脱毛の対象部位をイラスト化した表が用意されていますので、それを確認するようにしましょう。